【ペアレンティング】アメリカと日本の育児の違い!アダルトチルドレン原因

 

この記事を書いている人 - WRITER -

元婚活難民(笑)ぼろ負け100人デートから、『結婚カード5枚』を手に入れる。自分の経験から『婚活=マーケティング』を使った、らぶクラスを運営中。現在は、外国人ダーリンに溺愛されてオークランド(ニュージーランド)で、超絶幸せに暮らしています。

ブログの内容:国際婚活、国際恋愛、国際結婚、英語、ニュージーランド情報

詳しいプロフ

らぶ先生

この記事を書いている人 - WRITER -
元婚活難民(笑)ぼろ負け100人デートから、『結婚カード5枚』を手に入れる。自分の経験から『婚活=マーケティング』を使った、らぶクラスを運営中。現在は、外国人ダーリンに溺愛されてオークランド(ニュージーランド)で、超絶幸せに暮らしています。 ブログの内容:国際婚活、国際恋愛、国際結婚、英語、ニュージーランド情報
詳しいプロフィールはこちら
Pocket

ペアレンティングって知ってる?日本ではまだ聞かないけど、コレってね『親になる為の学問』だよ。アメリカでは、ペアレンティングを大学で学位として学ぶこともできるし、病院、専門家、書籍がすごく出てるよ。【アメリカと日本の育児の違い!】は、怒らないで教えるスタイルにあるよ。アダルトチルドレンの原因もここにある!

 

日本人に自信ない人やアダルトチルドレンが多いのも、育児スタイルの違いが原因だよ。

 

日本人は自信がなくて、アメリカ人は自信がある?の理由

【日本人は自信がなくて、アメリカ人は自信がある?】の理由は、育児スタイルが原因だよ!

日本とアメリカの育児スタイルが違うのは、文化が違うからさ、仕方ないことだよね。

何がどう違うか?わかりやすくさ、説明するよ。

 

ええとね、子どもの時ってさ、自分に自信あった?

無いよね?

子どもの時の試練って行ったらさ、自転車だよね(笑)

「自転車に乗れるのかな?」アナタの不安をサポートしてくれるのが、親の愛情だよ。

「大丈夫よ!後ろ持ってるよ(お前ができるって信じてるよ)」って、親がサポートしてくれるでしょ。コレが自分の自信に繋がるね。

コレが足りないんだよ!だからさ、大人になっても日本人は自信がない人が多いんだよ!

 

この仕組みを理解した上で、アメリカと日本の育児の違いを考えてみよ。

【ペアレンティング】アメリカと日本の育児の違い!

子どもの頃を思い出すんだ。

運動会でさ、「かけっこ」あったよね。親がさアナタを応援してくれてて、ハンディカムで撮影してるアレよ。

 

アナタは、本気で走ったんだけどさ、靴紐が解けてさ、転んだの。

膝を擦りむいた。

ゴール後に、アナタのお父さんとお母さんは、なんて言う?

 

こんな感じじゃない?

「どうして、靴紐を縛ってなかったの!?」

「本当にドジだね」

「もっと気をつけなよ」

「そんなのケガじゃ無いよ、泣くんじゃ無い!」

「みっともないね、近所の笑い者になるよ」

 

こんな感じじゃない?

基本的にさ、日本の育児スタイルは「厳しい=美学」って刷り込まれているからさ、お父さんもお母さんも無意識に怒ってくるね。

この怒るってのは、子ども目線からは

「信用されてない」

「応援してもらえない」

「怒られるの怖い」

「何も話せない」

って、気持ちに変換されて、親子関係にミゾができるね。

コレがアダルトチルドレンの原因なのね。

アメリカだったら?

運動会で走って子どもが転んだら、アメリカのお父さんとお母さんはどんなことを言うんだろう?日本とは違うね。アメリカでは、基本的にさ『褒める=美学』とされているからさ、こんなリアクションだよ。

 

「困難があったのに、完走して偉いよ!」

「怪我をしたのに、ギブアップしなかったお前を誇りに思うよ」

「痛いだろ?でも、泣かないなんてスーパーヒーローじゃないか!」

「今日のでわかったからさ、靴紐はきちんと結ぼうな、頭いいなぁ」

「感動したよ!素敵なレースをありがとう」

こんな感じでコメントすると思う。

 

アメリカは、学歴社会が顕著だからさ、『ペアレンティング』を学んでる両親や教育をしっかりしている家庭の子どもは、超自信あるし成功するよね。

 

そこで、私がアメリカのペアレンティングを目撃して、感動したことをシェアするね。

アメリカの最強『ペアレンティング』は、怒らないで教えるスタイル

私の姪っ子ビビアン(3歳)

彼女の両親は、超愛情注ぎまくっているからさ、すごく素直で良い子なんだよ。3歳にして、オモチャやお菓子をシェアすることも出来るし、お家のお手伝いもする。

アメリカの良いところはさ、愛情を表現すること!

外出する時、なんでもない瞬間、帰ってきた時に、

必ずハグして I love you , 名前

を習慣化してるよね。コレで、子どもは安心するし、愛されている自信が湧くよね。

 

あ、でもね。

子どもだからさ、イタズラしたいじゃん?

両親は、そこも怒らないの。

凄くない?

 

コレね、お父さんの手作りベッドだよ。2段ベットになっててさ、秘密基地なの。

天窓から星が見える仕掛けがあったりさ、本当に愛情いっぱいの『手作りベッド』だよ。

素敵でしょ?

2階がビビアンのベッドなんだけどさ、そこからオモチャを床に投げるって、イタズラをしたようだ(爆笑)

 

その時のお母さん?

怒らないの。

状況をわからせる為に、手伝うこともしないね。

ちょっと、手が見えてるのがママだよ(笑)

「ビビアン、歩いてごらん?」←冷静にね

「歩けないよ!難しい」

「じゃあ、どうしたら良いと思う?」

「キレイにする!」

「どうしたら、キレイになると思う?」

「お人形を箱に入れる」こうやってさ、答えを導き出すスタイルなの。

私が見ててさ、お母さんにお手伝いを申し出たのね、

そしたらさお母さんが

「叔母さんに手伝ってくれるか?を聞いてごらん?」

コレでねちゃんとお願いされたから、お手伝いしたんだけどさ。

 

コレがアメリカと日本の違いだよね。

うん。

私も子どもが生まれたら、本気でペアレンティングをやろうと思うね。

 

アメリカらぶ♡

Aida Minamoto

 

Pocket

この記事を書いている人 - WRITER -
元婚活難民(笑)ぼろ負け100人デートから、『結婚カード5枚』を手に入れる。自分の経験から『婚活=マーケティング』を使った、らぶクラスを運営中。現在は、外国人ダーリンに溺愛されてオークランド(ニュージーランド)で、超絶幸せに暮らしています。 ブログの内容:国際婚活、国際恋愛、国際結婚、英語、ニュージーランド情報
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です