2017/04/09

【体験レポ】46歳女性「若い時に比べてモテないんだけど?」

 

この記事を書いている人 - WRITER -

元婚活難民(笑)ぼろ負け100人デートから、『結婚カード5枚』を手に入れる。自分の経験から『婚活=マーケティング』を使った、らぶクラスを運営中。現在は、外国人ダーリンに溺愛されてオークランド(ニュージーランド)で、超絶幸せに暮らしています。

ブログの内容:国際婚活、国際恋愛、国際結婚、英語、ニュージーランド情報

詳しいプロフ

らぶ先生

Pocket

【体験レポ】46歳女性「若い時に比べてモテないんだけど?」

国際結婚、国際恋愛、国際婚活、婚活で悩む人を助けたいから、「らぶクラス」無料体験を毎月3名さま限定で提供しています。これは、2017年4月に行われた「らぶクラス」体験レポートです。今回は、46歳女性から「若い時に比べてモテないんだけど?」の相談です。

らぶクラスでは、マーケティングを使うから、男女・年齢不問で効果があります。

らぶクラスの無料相談って何?

婚活で悩む女性を助けたいから、無料相談を提供しています。

案内はこちらから
(1)お試し相談 30分無料(限定3名様)ー毎月3名様に無料相談を提供しています♡

【体験レポ】46歳女性「若い時に比べてモテないんだけど?」

今回のお悩みは、Tちゃん(46歳)のIT系の女子。Tちゃんは、若い時からモテた。大学の時に、アメリカ留学を経験して、お仕事でも英語を使うので、英会話も問題ない。オンラインで婚活をスタートさせたら、「若い時に比べてモテなくなったんだけど、どうして?」という相談です。

服を変えたらいいの?

Tちゃんは、勉強熱心だから「服がまずいのかも?」とモテる為に、ファッション雑誌を買いに行きました。

ファッション雑誌には、

  • 「アラフォーはキレイめでいく」
  • 「大人デニムの着こなし方」
  • 「シンプルゴージャス」

こんな感じの目を引く言葉があったから、これでイイ!?と思っていたそうです。これが、間違いの原因です。

婚活にファッション雑誌が役に立たない?

女性向けに作られた雑誌は、男性の消費者は買いませんよね?ってことは、男性の消費者心理を無視しているから、女性が女性の為に選んだ服では、モテません。

どうしたらモテる?

男性の消費者心理を勉強しましょう。

恋愛=消費

マーケティングを使って、効率よく婚活しましょう。

婚活をスタートする時は、ターゲットを決める

お付き合いじゃなくて、結婚したいんですよね?じゃあ、アナタの売れる市場を開拓しましょう。

マーケティングって聞くと、難しそうだと思うかもしれませんが、婚活するなら「マーケティング」を知らないと、時間もお金も無駄ですよ。

市場ってなに?

結婚したいと思って婚活するなら、男性のターゲットを絞ります。例えば、年齢や年収などで、絞ります。これをやらずに、市場に出るから婚活難民になるんです。

婚活をスタートする時は、年収別の攻略法で!

婚活をスタートする時に、なんとなくスタートして、なんとなくデートに行けば、なんとなくの結果しか出ません。若い時に、モテたから大丈夫だろうと過信して、婚活をスタートすると、モテないので、婚活がストレスになって、挫折してしまいます。

まずは、実力を知って、相手のターゲットを絞る婚活テストがおすすめです。

(7)婚活力診断テスト 解説30分付き 3,000円

年収別にターゲットを決めてくださいと言ったのは、売り方を決める為です。例えば、軽自動車を好む男性は、年収はいくらくらいで車には、何を求めるのでしょう?

 

 

軽自動車

年収:300万から

ポイント:価格が安い、維持費がかからない、可愛いデザイン。

これを女性に置き換えると、あまりお金がかからない女性で、可愛らしい感じを求めるので、そこを目指して、パッケージを作ります。

外車

年収:800万から

ポイント:スタイリッシュ、セクシー、スマート、スポーティー

これを女性に置き換えると、セクシーで洗練されたイメージを作って、スポーティーな機能を売りにします。

雑誌の間違い?

雑誌は、一般的に売れるパッケージを教えてくれるだけで、男性別に服やメイクを指定していないので、参考にしてはいけません。

「若い時に比べてモテないんだけど?」の答え

男性のターゲットを決めましょうは、前述した通りです。

婚活で大事なことは、アナタは車を売るセールスだということです。

他にも、車を売ろうとしているセールスがいっぱいいますよね?(婚活市場)

そこで、差別化をできない人は、絶対にモテません。

若い時にモテたのは、若いからです。アナタは20歳を過ぎたら市場価格が年々下がっていくことを忘れてはいけません。

若作りをするよりも、アナタの良さをアピールして、付加価値をあげましょう。アナタの強みをパッケージにするなら、何ですか?

例えば、私の婚活中のパッケージは、3S

  1. Smart(アメリカ・フランス大学卒業&日・英・仏スピーカー)
  2. Sexy(スパニッシュジャパニーズでグラマー)
  3. Sweet(デートをリピートさせる甘々トーク)

これを強みにして、ターゲット層も絞って、なんとなくモテる服もやめました。私が目指すターゲットは、年収2,000万クラスにして、やるべきことを全てやりました。

これ、婚活スタート時の私です。婚活ファッションコーディネーターに頼んだ服です。これは、一般的には、ウケるかもしれないけど、この服を着ていると、軽自動車を買う人をターゲットにすることになります。

私の売れる市場は、そこじゃない!(笑)

市場にマッチしていなかったので、全部を自分で勉強して、ガラッと変えました。

はい!これも、私です。曲線美を出して、スタイリッシュさとセクシーを強くしました。これでモテる層がかなり変わりました。

マーケティングのことは、個々で狙う市場やタイプが違うので、詳しくは書けませんが、なんとなく「へー!マーケティングってこういうこと!」って、わかってくれたら嬉しいです!

マーケティングを知って、溺愛されて結婚しよう!

私、溺愛レベル?最強ですよ(笑)

  • 遠距離恋愛1年(東京・NZ)
  • 来日回数7回
  • 毎日LINE・電話
  • ファンシーレストラン
  • ホリデー(アメリカ・メキシコ)
  • 割り勘にされたことない
  • 海外移住の手続きは彼がやってくれた
  • 海外引っ越しの時は、彼が日本に荷物を取りに来た
  • 日本語を勉強スタート
  • 養われている←ここ重要(笑)
  • 現在は、NZにて溺愛ライフ!

私は、超幸せ!幸せをシェアしたい!だからね、婚活で困っている人を助けたい!

本気で人生を変えたいなら?らぶクラス♡

らぶ♡

Aida Minamoto

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Pocket